投稿

小さな家の収納づくり

イメージ
  おはようございます。 SIMPLE NOTE Nago Studio です。    さて、今回は、 ついつい大きくなってしまう場所について お伝えしていきたいと思うのですが、 さて、それは一体どこだと思いますか?   リビングでしょうか? それとも書斎でしょうか?   ✔ ︎ あればあるほどいいと思う場所   ヒントはこれです。 お分かりになりました??   その答えは「収納」です。 どれだけあってもいいと思う場所ですよね。   しかし、実際のところは・・と言うと、 ただ単に収納を増やしても、 それに比例して収納力が上がるわけでもなく、 また片付けやすくなるわけでもありません。   それどころか面積が大きくなった分、 コストが上がってしまうことになるので、 コストを増やさずに収納を増やす方法を 知っておく必要があります。   ✔ ︎ 「床面積=収納量」ではない   収納を考える上で知っておくべきことは、 収納の床面積を増やしたからといって、 収納量がアップするわけじゃない ということです。   例えば、幅も奥行きも それぞれ 91cm の収納と 幅が 2 倍で奥行きが半分の収納は、 いずれも半帖という広さになりますが、 収納力や使い勝手は同じなのでしょうか?   この 2 つの収納は、 床面積が全く同じであるものの、 前者よりも後者の方が、 圧倒的にたくさんの物を 収納しておくことが出来ます。   では、その理由を考えてみましょう。 まず、前者の場合、 奥行きが 78cm もあるのですが、 そもそもあなたの持ち物の中に、 そんなに奥行きが必要なものがあるでしょうか? (せいぜい布団ぐらいでは?)   かといって、 奥行きをうまく利用するのも なかなか難しいものです。 手前になにか置いてしまうと、 奥の物を取ろうとした時に、 いちいちのけないといけないからです。   また、奥に何を置いてあるのか 忘れてしまうこともあるでしょうし、 いちいち取り出すぐらいなら、 買ったほうが早いとなり 買うとなれば出費は増

土地探しのルールとその理由

イメージ
 本日は土地探しのコツをお話させていただきます。 うちも不動産業も行っているので 土地探しのご依頼さえいただければ、 希望するエリアや土地の大きさなど 聞き取りをして探すことはできます。。   しかしながら この探し方はとても危険で 土地を探すまえに必ず資金計画を 行うことをオススメしています。   おはようございます。 不動産部にいつも厳しい予算で 土地探しをお願いするので、 時々、予算にゆとりがあったりすると、 「えっ!?」ってびっくりされてしまう SIMPLE NOTE Nago Studio です。 今回は土地探しをはじめる前に 絶対やるべきことをお伝えします。  ✔ ︎ 絶対ルールは予算が分かってから   まずは探し方のルールについてお伝えしていきますね。   土地を探す時、 絶対にやってはいけないことが、 自分だけで勝手に予算を決めて 探し始めるということです。 これはホントサイアクです・・・   これをやってしまうと、 99.9999% 高い土地を買ってしまい、 大幅に予算オーバーすることになります。 そして、それが後々あなたの家計を苦しめ続けます。   例えば、あなたが住みたいエリアの 土地相場が 1000 万円だとします。 そして、あなたが払えるローンの 上限額が毎月 8 万円で、 自己資金がゼロだとします。   この場合、家にどれくらい予算を 使うことが出来るかお分かりになりますか?   この場合、土地や諸経費などを 全て差し引いていくと、 1400 万円ぐらいになるのですが、 あなたが希望する家が、 その予算では全く話にならないとしたら、 これは非常に厳しい現実ですよね・・・   それゆえ、この場合は 1000 万円ではなく、 もっともっと低い予算で 土地を探すようにしないといけない というわけですね。   そして、その現実を知るために しなければいけないのが、 土地の予算決めというわけですね。   ✔ ︎ どんな家を建てたいかも明確にする   そして、もう 1 つ決めておかないといけないことが、 どんな家にしたいのかということです

今とちょっと先とずっと先と

イメージ
  家づくりをする時に、 よく考えていただきたい部屋が 子供部屋です。   というのも、子供部屋をどう考えるか? そして、どうつくるかによって、 家のコストが全く違ってくるからです。   それゆえ、当たり前のように、 子供部屋を 2 階につくったり、 1 人に 1 部屋つくったり、 6 帖でつくろうとせず、 コスト面や将来のことまで考えて つくるようにしていただければと思います。   おはようございます。 SIMPLE NOTE Nago Studio です。   さて、今回は、 子供部屋の場所、数、広さについて 一つ一つ紐解いていってみますね。   例えば、当たり前のように 子供部屋を 2 階につくるとなれば、 1 階には客間とプレイルームを兼ねた部屋が、 リビングとは別で必要になったりします。   子供たちが小さいうちは、 2 階にある自分たちの部屋を 使ってくれないからです。   結果、その余分な部屋のために、 150 万円〜 200 万円ものコストが かかることになります。   他方、子供部屋を 1 階につくれば、 この余分な部屋をつくる必要がありません。 そもそも自分の部屋を プレイルームとして使えばいいし、 親御さんが泊まりに来た時は、 子供部屋で寝てもらえばいいからです。 子供たちは親と一緒に寝ているわけですからね。   また、子供部屋の数はいかがでしょうか? お子さんの数が1人や 2 人なら、 1 人 1 部屋つくっても問題ありませんが、 それ以上の場合、 1 人 1 部屋つくるとなると、 コストが上がってしまうのはもちろん、 将来、持て余すようになりますよね? 子供たちは高い確率で、家から出ていくからです。   それゆえ、単純に人数分子供部屋をつくるという 選択をするのではなく、 子供達の年齢や性別なども踏まえつつ、 かつ、やがて出ていくことも想定しつつ、 どのように子供部屋をつくるのかを 考えなければいけません。   もちろん、予算的に問題ないのであれば、 減らす必要はないんですけどね。   さらに、子供部

家づくりに不安を感じている方へ

イメージ
  コロナウイルスが終焉を迎えない限りは、 家が欲しいと思っていても、 怖くて一歩が踏み出せないという方も、 数多くいらっしゃるのではないでしょうか?   会社が倒産することはないにしても、 給料が減ってしまった方もいらっしゃるでしょうし、 ボーナスがカットされてしまった方もいらっしゃるでしょうし、 最悪リストラになるかもしれないリスクだって ないわけじゃありませんからね。   おはようございます。 SIMPLE NOTE Nago Studio です。   ということで、 これから家を持ちたいとお考えの方は このタイミングで、どのように家を持つべきなのか より現実的に考えてみることをオススメしています。   例えば、今の家賃と同じくらいの支払いなら、 減給やボーナスカットやリストラにあっても、 なんとかなりそうなのだとしたら、 今より負担を増やすことなく家を持つ方法を 考えてみるとか、です。   まずは、ご夫婦どちらかの実家に 空いている土地があるとしたら、 そこに建てるという方法が考えられますよね。   ↓こんな感じ。(となりは実家) こうすれば、土地を買わなくてよくなる分、 ローンへの負担が減り、 その分、今後のための積立に回すことが出来ます。 (土地を買わなくていいからといって その分、家にお金をかけ過ぎたら意味がありませんが・・)   また、親御さんがリタイアされているとしたら、 子供の面倒を見てもらえるため、 保育料も省くことも出来、 その分、家計にゆとりが生まれるかもしれません。   食費や雑費なども割安になるかもしれないし、 固定資産税も、土地の分は 親御さんが払ってくれるかもしれないですしね。 親御さんも、あなたやお孫さんが 近くでいてくれたら嬉しいでしょうからね。 (逆の場合もありえますが・・・)   おそらくこれが 最も負担を軽減出来る方法ではないでしょうか?   ✔ ︎ 土地を買わないといけない場合   他方、あなたが実家に土地がなく、 土地から買わなければいけないとしたら、 ローンの負担はそこまで軽くならないため、 違う視点

平屋の勘違い その2

イメージ
  『平屋』と聞くと、   “ 高そう・・・ ” というイメージと同時に “ 広い敷地じゃなきゃ無理だ・・・ ” というイメージが浮かんできます。   実際、新規分譲地に建っているお家を見てみると、 2 階建てばかりなので、 50 坪や 60 坪では足りないんじゃないか? と普通は考えてしまうでしょう。   また、それに拍車をかけて、 不動産屋や住宅会社までも、 けっこう広い土地が必要ですよと言うので、 “ 平屋にはお金がかかる ” と決めつけてしまい、 多くの方が、あっさりと平屋を諦めてしまいます。   おはようございます。 SIMPLE NOTE Nago Studio です。   しかし、実際は、 平屋を建てるにしても、 それほど大きな敷地はいりません。   なぜなら、平屋にするからといって、 2 階建ての 2 階部分が そのまま 1 階に足されるわけではなく 階段や廊下もカット出来るし、 トイレも1カ所でいいし、 余分な部屋もつくる必要がなくなるからです。   つまり、平屋にすれば 自ずと家がコンパクトになるというわけですね。   それゆえ、弊社では、 土地面積が 55 坪を超えれば、 よほど敷地条件が悪くない限りは、 『平屋』を提案させていただくし、 50 坪やそれ以下の場合でも、 可能なら『平屋』をご提案させていただいています。   ✔ 無駄に広い土地を買ってしまうと・・・   まず、土地に余分なコストが掛かります。 仮に、 20 坪も余分に土地を買ってしまい、 坪単価が 15 万円だとしたら、 300 万円も不必要な出費をしてしまったことになります。   また、余分に買ってしまった 20 坪分、 外構工事もしないといけなくなり、 もしコンクリートを打ったら、 それだけで 50 万円ものコストがかかってしまいますが、 さらに、これらに 35 年分の利息を合わせると、 ざっと 400 万円以上無駄な支出をしていることになります。   しかし、出費はそれだけにとどまらず、 ずっと払い続けなければいけない固定資産税までも 。   という